マーケティングリサーチの種類

マーケティングリサーチについて詳しくご紹介します!

このサイトではマーケティングリサーチの種類や方法、サービスを向上させるための活かし方などを解説しています。
マーケティングに関して理解があいまいな方や、これまでリサーチはしたが売上に結びつかなかった方などマーケティングについて詳しく知りたい方に最適なサイトです。
正確な理解をすれば、効果的なリサーチが可能です。
このサイトを利用して、経営に役立つリサーチの方法や分析の方法を理解し、より良いサービスを目指しましょう。

マーケティングリサーチにはどのような種類があるのか

マーケティングリサーチにはどのような種類があるのか マーケティングリサーチの種類は、大きく定量調査と定性調査に分けられます。
定量調査とは具体的に数値化できるデータを収集する方法の一方、定性調査とは動機や理由といった数値化できないデータを収集する方法です。
定量調査の例としては、メールによるアンケートや電話そしてハガキによるアンケートなどが該当します。
簡単な選択肢で構成された質問により広く回答を得ることで、消費動向を分析できます。
ただし動機や理由までは分からないため、継続性がある動向かまでは把握できません。
そこでサービスユーザーや属性を同じくするグループへの定性調査を行い、動機や理由を訊ねます。
サンプル数が少なければ信ぴょう性に課題は残りますが、生の声を聞ける点で効果的です。
マーケティングリサーチは定量調査と定性調査を組み合わせることで、サービスの課題を克服する端緒にできます。

マーケティングリサーチにおける重要な使い分けについて

マーケティングリサーチにおける重要な使い分けについて 「マーケティングリサーチ」という言葉を耳にすることが増えてきましたが、その方法は様々です。
自分がどのような商品やサービスを提供しようとしているのかを考え、それにあったマーケティングリサーチを使い分けることが最も大切になってきます。
例えば、不特定多数の多くの方をターゲットとしたい場合は、ネットや郵送によるアンケート調査を集計するのが一般的です。
しかし、ある一定の層をターゲットとする場合は、実際に利用している方に直接インタビューしたり、対象者を集めてグループミーティングを実地する等し、出来るだけ詳しく情報やニーズを聞き出す必要があります。
前者の多くの人に行うマーケティングリサーチを「定量調査」といい、後者の一定の人の対して詳しく聞き出すことを「定質調査」といいます。
これから、マーケティングリサーチを行おうと考えている方がおりましたら、やみくもに行うのではなく、何を売り出したいのか、ターゲットは特定か不特定かをしっかり見極めてマーケティングリサーチを行ってください。
現代社会では、ネットを利用し簡単にアンケートがとれたり、対象者を呼びかけることができるようになったので難しい話ではありません。
方法を使い分けし正しい調査を行い、集めた情報を有意義に活用してください。

市場調査に関する情報サイト

マーケティングリサーチ

新着情報

◎2020/7/10

質的なデータの収集も重要
の情報を更新しました。

◎2020/4/14

マーケティングリサーチにおける定性調査
の情報を更新しました。

◎2020/02/28

サイト公開しました

「マーケティング 重要」
に関連するツイート
Twitter

企業の成功に欠かせない「マーケティング」。顧客のニーズを理解し、適切な戦略を展開することが重要。競合他社との差別化や広告の効果検証も必須。商品やサービスの価値を最大限に伝える工夫が求められる。

マーケティングと言えば、スキマ時間を有効活用することが大切!電車の中や待ち時間にもマーケティングのアイデアを練ることで、効果的な戦略が生まれるかもしれません。時間を無駄にしない工夫が重要です。

します。 これが重要です。 ビジネスで言えば、 マーケティングというんでしょうか、 そういうの僕は詳しくないですが。 ともかくも相手の事が好きだったら愛していたら、 相手の事を知りたくなってしまうのです僕は。 これから一生を共にするパートナーなのですから。 一心同體と僕は考えるので。

返信先:おっしゃる通り、資格とか専門性の前に経営力…特に独立初期は失敗しながら集客力(マーケティング力)をいかにつけるかですかねぇ。 仕事だけ取って資格持ちの本職に投げて会社を大きくした人もいるくらいなんで、お客を集める力は独立すると最重要な気がします。

返信先:活動の様子を、その場だけに終わらせずに効果的にネットで拡散して、適切な人々に届け、支持の輪を広げていくことが重要になります。 SNSマーケティングのプロを選挙本部に入れて計画的に拡散をデザインし、毎日PDCAを回して活動をグロースさせていくことが必要かと思います。